アイユーホーム (株)アイユー住研

こだわりの吉野産檜の柱

アイユー住研が建てる『木香の家』の土台・柱は、

全て当社工場(吉野下市工場)からの直送「吉野産檜」を使用しています。

当社は注文建築ですが、これだけは譲れません。

 

住まいは一生に一度の大きな財産と言っても過言ではありません。

お客様に価値ある丈夫な住まいをご提供するために、「木香の家」の柱と土台は、吉野下市にある当社製材所より厳選して使用しています。

さらに、自社製材所を通すことにより、流通コストを削減することができるのでお値打ち価格でご提供することが可能です。

 

 

 

―なぜ吉野産檜にこだわるのか!?―

吉野における人工植林の歴史は古く、約500年前の室町時代までさかのぼる事が出来ます。

>>>吉野林業の父 土倉庄三郎物語はこちら

その長い経験は、そのまま日本の林業の基礎を築いてきたといっても過言ではありません。吉野産檜の大きな特徴といえば、油分を多く含み粘りけがあるということです。また、芯が円心であり曲がりが少なく年輪巾が適度に細かく均一であること、そして色つやが良く光沢にとんでいるというのも大きな特徴です。
そのため、木材の市場価格は木曽檜の3倍といわれています。

ここで、突然ですがみなさんに質問です。

【質問】
世界遺産に登録されている奈良の法隆寺の柱にも吉野檜が使われているのですが、1300年たった法隆寺の檜の柱と新しい檜の柱とでは、どちらが強いと思いますか?

【答え】
新しい柱と1300年たった柱の強さはほぼ同じくらい。

なぜなら、檜は切られてから200~300年の間は、強さや剛性が徐々に増して2~3割も上昇し、その時期を過ぎた後、ゆるやかに下降する。その下がりカーブのところに法隆寺の柱が位置しているからです。つまり、木は切られてたときに第一の生が終わるのですが、建築の用材として使われると再び第二の生が始まって、その後、何百年もの長い年月を行き続ける力を持つのです。

 

―安全・安心の追求―

安心・安全を追求した結果、檜へとたどり着きました。
昨今、子どもも大人もアレルギーが増えています。カビ・ダニどちらもアレルギーの原因と言われています。檜はカビ・ダニを防ぎ、更に殺菌効果もあるのでWの効果です。しかも、檜そのものが長持ちしますから、地元にあるこんな良い素材を使わないのはもったいないと思いませんか?
無垢材の檜や杉には湿気の吸・放出作用、優れた断熱効果、そしてホルムアルデヒドを吸着・分解するという優れた作用がある木香の家では頑丈で健康に良い檜の乾燥剤をふんだんに使用し、構造から「丈夫」と「健康」にこだわって造っています!