アイユーホーム (株)アイユー住研

家づくりの想い

家づくりに対する熱い想いを聞いてください ―

img2-1はじめまして、アイユー住研の代表、山本公俊と申します。

お忙しい中、このページを見ていただき、本当にありがとうございます。

ほんの少しだけ、「なぜ私がこの仕事をしているのか?」「どのような想いでやっているのか?」を聞いていただければ幸いです。

 

 

はじめは小学校の時の出逢い ―

私は、奈良県吉野郡下市町堀毛に生まれ、下市中学校のすぐ近くにある、叔父が社長をしている製材所の隣に住んでいました。父は、製材所で兄(叔父で社長)と一緒に仕事をしていて、私にとって、製材所が毎日の遊び場でした。その製材所は、外国産材を一切扱わない吉野産檜、吉野産杉にこだわった会社でした。

木材に囲まれた作業場を走り回り、積み上げられ、横たわった木の上を跳び回ったり、かくれんぼをしたり、杉の皮をめくったりといろんな遊びをしました。 春・夏・秋の休みには父に連れられ山に行き、枝打ち、木起こし、肥料やり、植林などの山の仕事を見て育ちました。私の幼少期は、常に木と共にいたと言って良い程の環境の中で暮らしてまいりました。

幼少期

 

大正6年創業の老舗製材所だった・・・ ―

小さな頃、当たり前のように遊び場にしていた製材所ですが、歴史をたどると、私の祖父「山本寅太郎」が、大正六年に創業したところから歴史がスタートしました。当時は、山本のヤマ、寅太郎のトラを使って、「ヤマトラ」という屋号で営んでおりました。当初名前は「山寅」と漢字でしたが、下市では山寅木材、奈良では株式会社山寅と、今もしっかり残っています。

想い2

想い1

 

遊び場から一転、3年間の修行の思い出 ―

大学を卒業してからの3年間は、私にとって180度自分を変える修行の期間でした。滋賀県彦根市で住宅の勉強をするために、倉庫の2階の一角に畳2帖を敷き、ベニアで囲う住まいで修業の毎日。屋根と壁はスレートです。真夏の部屋の温度計は45℃近くになり、真冬は-10℃近くになるスレート張り倉庫の2階で寝起きし、虎姫町という所まで通勤して、建築に携わる色々な事や仕事に対しての考え方、忍耐力などをたくさん学ばせて頂きました。

住宅に関する貴重な体験として、部屋の温度計が真夏は45℃近くになり、真冬は-10℃近くになるという住まいでの生活はとても辛く、今まで味わったことのない温度との戦いでした。私はこの3年間があればこそだと思っています。私自身の糧となる貴重な体験をさせて頂きました。この体験があるからこそ今の私が存在すると思います。本当に、あの3年間を私に与えてくれた滋賀県の社長に感謝です。

 

 

本物の吉野檜、吉野杉を使った家を建て続けたい! ―

木に囲まれ育ち、父の仕事環境から、私は高校時代の時には父の手伝いをしようと思っていました。その当時から、一般的に世の中に出回っている「吉野産の檜」と書かれている木材の中身は、実はその80%近い確率で、吉野産ではありませんでした。要するに偽物の木なのです。たとえば、四国や九州のヒノキ材が、なぜか吉野産檜というブランドに変身して世の中に流通していたのです。

皆様も、普段の買い物で経験があるかもしれませんが、原産地がどこであろうとも、「加工した場所」は生産地になってしまうというカラクリでした。私は、それが許せなかったのです。なぜなら、吉野のブランドは、本当に他とは違う、圧倒的な品質だからです。

だからこそ、本当の吉野産檜を使い、室内温度との戦いという実体験から「本物の強い吉野産檜を使い、快適な空間で、夏暑くない、冬寒くない家を建てたい、暮らしたい」と強く思い、その後、父の手伝いをさせていただくようになりました。

 

それから33年が経ちました ―

P1020576今でも、その想いは変わっておりません。むしろ、今の方が、さらに強い想い、ミッションを持ってスタッフみんなと家づくりに取り組んでいると自負しております。

お陰様で数え切れない程たくさんお客様の家づくりをお手伝いさせて頂くことが出来ました。お手伝いをさせて頂いたお客様宅に訪問に行くと、「アイユー住研さんで家を建てて本当に良かったよ!!」と、安心して快適に暮らしておられるお客様を見て、いつも私自身幸せな気分になります。これからも皆様のより良い家づくりのお手伝いが出来るよう、精進致します。

 

 

本当にいい家は「素材選び」が絶対に必要です ―

おいしいお寿司屋さんは「良い魚の目利きが出来る」「取引できる業者が一級品を卸してくれる人間関係」が大切です。おいしい鉄板焼き屋さん、焼肉屋さんも、やはり「いかに品質の良い肉」を仕入れられるか⑪社長現場ではとても大きな要素になってきます。

「家づくり」も一緒なのです。食べるわけではないので、すぐに実感は出来ないかもしれませんが、良い家は良い素材からしかできません。良い素材と良い職人が出会った時、本当に素晴らしい家が出来上がります。

アイユー住研は、今までもこれからも、素材選びに妥協せず、吉野檜、吉野杉にこだわった、夏涼しい家を提供させて頂きます。そして、子育て世代のご家族でも手の届くような、コストにもしっかりこだわった家づくりをお約束させていただきます。

これからもそんなアイユー住研をどうぞよろしくお願いいたします。

 

株式会社アイユー住研 代表取締役 山本公俊